鹿児島に行っていました。(人は何を選ぶかで、思いっきり人生変わってしまう・・)

yjimage

吉田です。

先日まで鹿児島に行っていました。↓

 

親戚がいる関係もあり

先日までフラッと鹿児島に行っていました。

あいにく天気はいまいちだったのですが、鹿児島くらいの街って僕は好きなんです。

都会過ぎず、田舎過ぎず・・

 

鹿児島中央駅という駅の近くに

親戚のマンションがあり、そこにお邪魔していました。

 

連日飲んでいて、二日酔いで1日つぶれたりもしていました・・・・

 

でも

僕はこんな生活に憧れを持っていました。

お酒が比較的に好きなので

次の日の仕事や予定を気にしないで

好きなだけ飲んだり。

まぁ金銭面的にも財布事情を気にしながら注文したくなかったり・・

 

昔のサラリーマン時代には、憧れでしかなかった生活なんですが

今では実現することが出来ました。

 

というより

僕は元々アパレル業界のサラリーマンでしたので、店舗に貼り付け状態

休みも殆ど無く、不定期でしたので、鹿児島への旅行なんて夢でしたし

考えてもいませんでした。

 

何が変わったのか?と考えるといろんなことがあるのですが

まず、ネットを使ったビジネスを取り組み

お金を稼ぐ手段を変えたことがやはり大きいですね。

これは反感を買いやすい表現なんですが

ぼくはお金を稼ぐことは、一生懸命がんばることだと認識していました。

汗水流して働くことこそ尊いことだと思っていたんです。

それが一変・・・

当時は月収18万円

今では月収400万円くらい

吉田のプロフィール

( 詳しくはプロフィールをどうぞ )
 

 

軽く 20倍の違いですので、生活も全然変わるわけです。

(想像しずらいかもしれませんが・・・)

じゃあ

今の僕は当時の 20倍頑張っているか??

ということなんですが・・・・

全然頑張っていません。

というより

当時も必死で頑張っていましたので、その20倍頑張るなんて不可能です。

 

『この事実はとても重要なんです』

 

多くの人が誤解しています。

というより無駄に損をしています。( 僕の価値観ですが)

 

重要なのは

何を選んで取り組むかなんです!

 

僕の場合は、アパレルのサラリーマンとしてお金を稼ぐことから

ネット環境を使ったビジネスに変えただけで

稼げる金額が20倍になったわけです。

これはお金持ちの人は全員知っている事実です。

 

しかも働いて稼ぐのではなく

作った仕組みに稼いでもらうため

僕は忙しいどころか、時間も自由になりました。

ネットはどこでも繋がる現代なんで

過ごす場所も自由に選べるようになりました。

 

二日酔いでしんどいのに、僕の親戚は重たい体をむりやり引きずりながら

出勤していました。

当の僕はゆっくりと体調が良くなるまで

だらだら寝ていたり、テレビ見たり、お茶をすすったり

していました。

 

選んでいるものが違うだけで

これだけの生活が変わることに気づいていない人が多すぎなんですね・・・

なんとももったいない・・

人生なんてあっという間に終わるのに

苦労して終えるなんておかしくないですか??

 

いろんなことに疑問を持つと真実が見えていきますね

 

今回の一件で、鹿児島の親戚は僕のビジネスに興味を持ちました。

いろいろ詳しく話せたので、お勧め商材から取り組んでもらう方向です。

鹿児島の乗船所で働いているのですが

パソコンは使うけど、ネットのビジネスに関しては無知でした。

『なんかテレビで与沢って人が騒がれていたから、胡散臭いものなのかな~』

とか言っていたので、

まぁぼくらからしたら無知以外の何者でもない状態ですね。

 

例えば・・・

清原選手が薬物で捕まったから

野球選手みんな覚せい剤している

なんて馬鹿げた認識する人はいないと思いますけど

 

知らない業界の話ですと

みんなそうやって人くくりにしてイメージしてしまうんですね。

( しっかり確かめもせずに・・・ )

まぁ僕は真実を知っているんでどうでもいいんですが

損しているな~

と普段から思います。

救われる人だけが救われる世の中なんだな~

と本に書いてあった名言を良く思い出取り組んでくださしますね。( 昔から人間の行動心理は変わっていない )

 

あなたも自分自身の人生、損しないように

固定概念を一回捨てて

選択を変えてみることをおすすめしますよ。

 

僕のような生活に魅力を感じるなら

その方法は全て書いていますので、取り組んでくださいね。

初心者の方はこちらから
( はっきりいって僕は凡人ですから、多くの人が実現できますよ )

 

では!

 

 

 

 

カテゴリー: 日記 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>